オーダーメイドでスーツを作る場合、
デザインとともにスーツ生地が選べるのが魅力です。

生地選びというと、
色や柄のことをすぐ思い浮かべると思いますが、
ウール、アルパカなど、「素材」を選ぶ楽しみもあります。

スーツは生地や縫製などのバランスがとれていることが大切です。
いい生地はいい縫製で、これはもちろんですね。
では、裏地はどうでしょうか?
既製品で価格が安めのスーツの場合は、
たいていポリエステルですが、
オーダーメイドでスーツを仕立てるなら、
裏地はキュプラがオススメです。

これでスーツ生地、縫製とのバランスがよくなります。
ポリエステルは合成繊維で、
原料は石油です。
既製品に多く使われる理由は
耐久性に優れている上に安価であること、
また発色が良く、水に強いという特徴からです。

しかし、吸湿性に乏しい素材なので、
夏場や汗をかく人は要注意です。
これは着心地にも影響します。
また、熱にも弱いです。

一方キュプラは、合成繊維ではなく
再生繊維で、原料は綿の花を使います。
絹と似た光沢があり、
絹やスフよりも耐久性に優れ、
なにより吸湿性が良いのが特徴です。
キュプラの欠点は、水に濡れるとしわになりやすいことと、
ポリエステルに比べ価格が少し高いことですが、
着心地は優れています。

スーツ生地を高級ウールやアルパカにするなら、
裏地もバランスを考えて選びましょう。