19世紀後半、ジャケットとパンツが共布で作られた現代スーツが出来てから、

既に100年以上が経ちました。

女性のファッションがバラエティーに富んでいるのに対し、

多少の変化はあっても、男性のスーツの基本形は変わっていません。

ところがズボンの太さや、襟もとのちょっとしたデザイン、

また使用する生地の素材や色が違うだけで、

ガラリと印象が変わってしまうのがスーツの不思議な所です。

身体にジャストフィットしたスーツほど、

その人の個性を引き立てるものはありません。

腕を曲げた時の袖のしわや、ポケットに手を入れたときの仕草、

肩から腕にかけてのカーブに至るまで、

快適な着心地であればあるほど

美しいラインを形成するのがスーツです。

そしてこうした自分だけの一着は、

オーダーメイドスーツでこそ実現されるのです。

初めて会った時に、相手がハッとするほど第一印象アップさせ、

そして長く着れば着るほど味が出るスーツなら、

ぜひオーダーメイドスーツをお勧めします。