スーツをオーダメードで作る際には
店舗に出向く前にどのようなスーツが良いのかということと
予算をどのくらいに設定するかを
決めておくようにすると良いです。

ここでオーダーメイドの流れを説明させていただきます。

まず、店舗で生地を選びます。
生地にも色々な種類がありますが、
体型やトータルバランスの
色合いを考えながら選ぶと良いです。

次に採寸を取ります。
このときに肩幅が広いとか、
市販のものでは首周りがきついなどということが
あるときには伝えておくと良いです。
体の採寸情報を基に型紙をテーラー側が作成していきます。
フルオーダーメイドの場合には
1から型紙を作成して全体の設計図を作ります。

そして出来上がった型紙に沿ってスーツの生地を裁断します。
少しでも失敗してしまうと、縫い合わせたときに
全体のバランスが悪くなることがあるので
裁断は特に集中して行われます。

最後に出来上がったら着心地やフィット感を確認して
お渡しと言う流れになります。
出来上がったときのフィッティングの際、
鏡で全体のバランスや後姿をきちんと確認するように
すると良いでしょう。