一口にスーツといっても
結構いろんな種類と特徴があるのを
ご存知ですか?

フォーマルスーツは文字通り
フォーマルな場で着用するスーツです。
「礼服」とは本来別物なのですが、
最近では礼服も簡略化されていて、
呼び方もあいまいになっています。

フォーマルスーツといえば昼の礼装・モーニングや
夜の準礼装・タキシードなどが有名ですね。
勲章授与などの場面で着られる燕尾服は
最上級の礼服のひとつで、
蝶ネクタイは白を用いるのがお約束となっています。

ラウンジスーツは19世紀のイギリスで生まれた上着で、
モーニングコートの裾を切り落とした上着のことを
こう呼んでいました。
最初は寝巻き、次いでレジャー用となり、
その後ビジネス用のいわゆる「背広」へと進化を遂げました。

タウンスーツはその名のとおり、
いわば「街着」とも言うべき普段使いのスーツで、
軽い着心地が特徴です。
ビジネススーツよりも遊び心があり、
オフタイムにカジュアルに着こなしたいスーツです。