洋服に付いているボタン、最近のロープライスの
ファストファッションの商品は、合成の樹脂性を使っていますが、
本来は、水牛、ナット、貝といった
天然素材を加工して作っています。

天然素材のボタンはやはり、ひとつひとつ色あいや、
光沢感が違い素材ならではの表情が楽しめるので、
洋服のグレード感を上げてくれるのです。

水牛のボタンは角から作られており、
動物を使った素材なので、水牛の数の減少に伴い
大変高価になってきています。
これはコートやジャケットに使用する事が多いです。

ナットは木の実から作られます。
ナチュラルな色あいで優しい素材感が魅力です。
貝は、天然のものは虹の様な光沢があります。
天然の色で、白蝶、たかせ(ベージュ)、
黒蝶といった色がありますが、最も貴重なタイプが白蝶で、
真っ白な色の中に虹の様な輝きがあり、とてもきれいです。

このようにボタンはいろいろな種類があり、
その素材ごとに特徴があります。
この様な事も意識して、オシャレを楽しんでください。