先進のテクノロジーによる機能を服地に盛り込んだ、快適な着心地を実現するスーツコレクション編成のバンチサンプルです。100年以上に亘る御幸毛織の伝統と、最新テクノロジーによる加工技術とが融合し、服地の新たな可能性の扉を開きます。

ヨーロピアン製法

平滑化しやすい単糸を緯糸に打ち込み、仕上げプレス時の表面の“平滑化”を促進するという近年のヨーロッパの服地の製法を採用。極めてフラットな表面を実現し、滑らかな手触りと豊かな光沢(艶)を存分に表現。 ヨーロッパの服地に比肩する色気のある風合い。

ジャパニーズスタビリティー

ヨーロッパの製法を踏襲しながらも単糸の“弱さ”を克服するために、日本ならではの服地づくりのスピリットとノウハウをプラスオン。それは、糸の打ち込み本数を増やし、打ち込みの密度をアップすること。使用する糸の本数が増加し、コストアップとなっても物性の安定と仕立て映え、着用後のロングライフ性までも実現するために。

この密度アップは、すなわち日本の服地ならではの安定性(ジャパニーズスタビリティー)。質の良さに定評のある三重県四日市市の水の使用とあいまって服地の風合いの更なる向上を追い求めます。